メニューをひらく

森の子日記

子どもたちの毎日の様子をお伝えしています。森の子の雰囲気を是非お楽しみください。

6/17 2020

初夏の一日・シャボン玉・うめしごと

湿気の多い初夏っぷり! しっとり雨の降る日も多く、久しぶりに晴れたので涼しげなシャボン玉であそびました^^

りーちゃんといっくんがみんなのストローに切り込みを入れて準備を手伝ってくれました! ふーーーっと膨らますのは、けっこうむずかしい… ゆっくり、ふーーーっと吹くんだよ、ぱんだちゃんがみんなに教えてくれます。 かんかん、たいちゃん、Qちゃん、「うえっ口にはいっちゃった!」と慌ててうがい。たいちゃんは「思ってたより、からいんだよ」とのこと^^;

みんなふーーーと空に浮かべるより、だんだん泡遊びが面白くなってきました^^ ぶくぶくっと吹くと「そふとくりーむ」、ちむちむとちょーまはさらに大胆にタライにシャボン液を入れて手でかき混ぜてぶくぶくに。それをおままごとをしたい女の子たちに分けてあげていました^^ 「もっともっと!」とせがまれると、「みんなにあげれるくらいたくさん泡ができるまではダメ!」とちょーまが一喝していました。

午後のまつぼっくりタイム(年長児だけの時間)には、 シャボン玉に想いを寄せて、和紙と水彩ペンと水でにじむような絵を描きました。

昼下がりには、うめしごと。 保護者の方からいただきました! 大きい梅と小さい梅に分けていきます。 しんちゃん、ちむちむ、つーちゃん、もみちゃんが分別に。 ちむちむ「これはちむちむのおしり。これはお母さんのおしり。これはおとうさんの…」 と、家族のおしりに見立てて、丁寧に選別してくれました^^

おへそをとるのには、 いっくん、ミッキー、Sちゃん、りーちゃん、つーちゃんがやってきました。 うめしごとも、うんていも、泥遊びも、おままごとも。 おなじあそびの選択肢なのです。 塩を揉み込んで、割って、タネをだして、砂糖漬けに…。 おいしいおやつになるといいなあ!

コメントを追加