メニューをひらく

森の子日記

子どもたちの毎日の様子をお伝えしています。森の子の雰囲気を是非お楽しみください。

3/20 2015

何して遊ぶ?

今日は、
2014年度森の子最後の日。

卒園式を明日に控え、
一日が始まりました。
 

まつぼっくりさん達が昨日作っていた、
手作りの街を使って、
久しぶりの同級とのひと時を過ごしたり、

お昼ご飯の焚き火パンの生地コネに、

「わたしが!」と声を上げてくれ、

他の子のこねっぷりを意識しあったり、

これまで、
中々無かった場所でのおままごとで、

素敵なケーキを完成させたり、

シーソーでワイワイ楽しむ仲間を、

ただただ、
微笑ましく眺めたり、

無心に地面を掘ったり、

着々と行われる、
お昼ご飯の準備に携わったり、

ここの所盛り上がっている、
板とガムテープが材料の滑り台を、
梯子付きの物に改変したり、

家族ごっこをいじくりに来るまつぼっくりさんに、
「キャー!」と、
黄色い声をぶつけたり、

まるでタイル場の引継ぎを行うようにして、
まつぼっくりさんがくるみさんを、
秘密の遊び場に迎え入れたり…。

そのどれ一つを取っても、
全部が全部、
こども達が作り出した遊びでした。

慣れ親しんだ森の子があり、
慣れ親しんだ森の子の仲間がいる。

彩り豊かなじかんが流れていきます。
 

お片付けは、
これまで一緒に遊んできたお道具達に、
ありがとうの気持ちを込めてやりました。
 

そんな中でも、
再開を懐かしんでかな?

お昼ご飯は焚き火パン。

お帰りの時間が、
それなりに迫っていたのですが、
ドタバタしたのはおとなだけでして、
 

こだわる子、

そして、
もっとこだわる子、

おしゃべりに忙しい子、

もっとおしゃべりに忙しい子…。

みんなで作った今日という日があって、
それは誰一人欠けたとしても、
出来上がる物ではないのだと思います。

そうやって今日までの時間を、
皆で過ごしてきましたね。


 

コメントを追加